紅茶飴さんの作者ニュース

全体に公開
「ちょっとだけよ」は蜜の味
2019/5/12 (Sun) 12:43


カトちゃんの「ちょっとだけよ」を子供心に面白くて笑っていた紅茶飴ですが、母方の祖父が厳格な人で、志村けんさんやカトちゃんのネタを目にすると「下品だから(チャンネルを)替えなさい」と眉間に皺を寄せていたものでした。

…何が下品なのかは当時私は小学生だったので意味がわからず。

大人になってからドリフターズのネタを振り返るに「下品というのは下ネタのことだったからか…」とそれは祖父も困るわなと考え込んでしまった。

いや、祖父にもよるか?

エロが好きな人だったらむしろ孫とテレビ観て一緒に笑っていただろうか。

教職関係家系育ちだとこんな大人になる。まる。

でも妹弟見るにそうでもないか。

親とその親は教職だったけど、うちの兄弟は私も含めて全員教職には就きませんでした。

何故かって?

教職の大変さを間近で見てきているので。

あれは少し繊細な神経の人だと絶対無理。

おおらかで包容力ある人じゃないとあれこれやっていけないと思う。



それはそうと、ネット上で情報操作をしている悪質な層が日々うひょうひょアクティブモードなんだけど、彼らはわざと情報操作をしてガセネタ流して「そうじゃない」とたてつくユーザーの真意を知りたい所謂情報ストリッパーを楽しんでいる変態だと思ってる。

嘘で他人を貶められたら最高!で、真実を露呈して他人を身ぐるみ剥がせたらもっと最高!みたいな。

ええ。変態ですね。

「変態王に俺はなる!」らしいです。

いつからこんな変態国日本になったんだ。

安倍総理に変態の美学についてお訊きしてみたいものだ。

どのあたりが美しい日本なのでしょうか?



ところで紅茶飴を情報ストリッパーの標的として選んでガセで叩いてもあまり妙味はないと思うんだけど。

絶世の美女が「ちょっとだけよ」と脱ぎ始めるなら、エロリストたちが釘付けになりそうだが。

カトちゃんのネタが一気に色気だだ漏れの案件になってしまう。

コメント


≪みんなの作者ニュース一覧

▲ページの先頭へ戻る