瓦 ヨシノスさんの作者ニュース

全体に公開
休養中……
2018/12/6 (Thu) 11:43

心療内科の医師から二ヶ月の休養を言い渡されてしまいました。
そろそろ休んで一ヶ月……。
最初言い渡されたときは随分と戸惑いました。
え?俺そんな状況なの?
周りとは普通に話せますし、仕事も普通にできておりました。
やろうと思えば明日からでも復帰できる感じですが、医師は限界が来ているんじゃないかと……。
毎月一回の通院と、薬は毎日飲んでました。その一回の通院で、医師にはこの一ヶ月嫌なことというか、体験した症状のことを話していただけです。
しかし、自分の横を自転車が通りすぎるだけで、もしやストーカー?と思ってしまう自分がいましたし、シャワー浴びてるときも外で音を聞いてるんじゃないかなどと感じてしまったり、あまりこういった場所で言うことではないですが、そういう感じ方をしていたので、医師も決断したんだと思います。
ストーカー絡みは大分、感じなくなってきたと思います。後ろ振り返ることが多くなってましたが、やっぱり誰もつけていないか、と思えるようになりました。
やばいのは、ストーカーかな?という感覚はまだ一歩手前な気がします。それがストーカーだ、と頭で断定してしまうと厄介で、このまま行くとそうなってしまう恐れがあったための休養ということでしょう。
自分としても、大丈夫だという思いがあり、医師には何回か確かめたりもしましたが、休めということでした。
最低でも二ヶ月……とのことで、場合によっては、一年間くらいの長さで経過を見たり、あるいは入院ということも言っていました。復帰する際は、時間を短くして、徐々にならしていく、ということでした。
当初は新しい薬に変えるとのことでしたが、実家に帰省したいと僕から話すと、薬を変えたばかりで環境を変えると、薬がちゃんと効いてるかどうかがわかりにくくなるとのことで、帰省できなくなりました。
実家に寝泊まりすると、あまり寝付けなかったり、日中もだるさや眠気があったりなど、良好な環境ではなかったため、その旨を伝えたところ、そういった指示を受けました。
職場には診断書を提出し、有給消化でしばらくはなんとかなりそうです。しかし、ちゃんと手続きはしたものの、持ち場の人たちに申し送りができなかったことが心残りです。
誰か辞めてしまったりしていないだろうか、誰かに皺寄せがきてるだろうな、など、考えてしまうこともあります。
二、三日後にまた診察があるので、そこでまた何を言い渡されるかはわかりませんが、真摯に受け止め治療に専念していきます。
二ヶ月以上も休んで、ラッキーだと思える人もいるでしょうし、実際観ようと思って観れなかった映画を観たりしています。
時折休みすぎて不安になることもあるので、ラッキーと思えたのも、最初の一週間くらいです。
色々やりたいこともありますが、無理のない程度にやっていけたらなと思います。
体がなまらないよう、わざと遠くのコンビニまで歩いたりしています。
歩くことはけっこう楽しいですよ。

コメント


≪みんなの作者ニュース一覧

▲ページの先頭へ戻る