瓦 ヨシノスさんの作者ニュース

全体に公開
飢えてるわけではないっす
2018/6/11 (Mon) 21:57

電影少女読んでいます。
こてこての恋愛ドラマでしたね。少年漫画らしくお色気シーンもありますが、これは現代も氾濫してますからね。
また同じジャンプのトラブルという漫画も読み始めました。
思春期の青年たちの恋に対する悩みや葛藤をしっかり描いているのが電影少女なら、こちらはラブコメでライトな感じです。
悩みや葛藤などというより、読みやすさが重視ですかね。

それと、恋は雨上がりのようにも読み始めました。
こちらは上記二作とはまた違い、漫画なのに文学っぽさを感じました。
女子高生と中年の恋ですが、一線を越えず、女子高生から告白された中年男がどうそれと向き合っていくか、また、少女とのそうした出会いをきっかけに、中年の方が破れた夢を取り戻そうとする感じもあり、途中までしか読んでませんが、楽しく読んでます。

どれも時代は違えど個性的な作品ですね。

女に飢えてる訳じゃなく、萌えとかお色気とかそういうのが、自分の小説に足りないと指摘されたこともあり、(もう何年か前の投稿でしたが)参考に読んでいる次第です。

それならそういう小説も読めよという話ですね。
そうなると普通にライトノベル読むことになりそうです。
購入はしましたけども、序盤で止まってます。

そういう分かりやすいエロさや色っぽさを、あえて文章として読むというのは漫画よりも別なものを感じます。

文章のレベルも作家によっては異なり、作風も変わってくるので、自分の文章に影響が出ないか心配になります。
いや、もちろん自分の文章はまだまだですが。変な影響受けたりしたらなあと。
文章うまくて萌えるというような作品を探せばいいわけですが、ライトノベル界隈での探しかたが慣れてないのかなと。

まだそんな感じで小説とは馴染みが薄いのかもしれません。

小説自体読まなくなってきてしまってますからね。気を付けねえと。

比喩表現も勉強したいところですが、ま、少しずつやっていく所存です。

詩を更新しました。
また、刺繍の方に載せておきます。今回は少し趣向が違ってます。

小説も今二作品書いています。

四十ページ位を予定している短編と、新作のファンタジー小説です。120ページ位を予定。

どんな作品かはおいおい少しずつお知らせしていきます。
いいのができればいいですが。

構想したものを信じて書いていくしかないですね。

音楽の方はどうも最近、貧しくなってます。

日本のプログレバンドのユカ&クロノシップというバンドを知りまして、聴いている最中です。僕にはまあまあだったかな。

その他、ザシー&ケイク、T‐squareなんかも聴いてます。ほとんど古い奴ばっかですね。

新しいものを探そうと、レンタル店行って和楽器バンドを借りてパソコンに取り込みましたが、あまり聴いてないんですよ。

日本のは、歌詞がわかるのはいいんですが、何か軽いんですよね。曲の雰囲気とか。プログレみたいな湿った感じのに慣れると、戻れなくなるんすかね。

お気に入りのriversideというバンドの、ギタリストが二年前に他界したそうで、以来新曲が滞ってましたが、今年の九月ごろに新譜を出すようなニュースをサイトで知りました。

不謹慎甚だしいこと言ってますね。

どんな曲になるか楽しみにしつつ、ギタリストを偲んで、前作前前作を聴きまくります。

ギタリストの名前すら何て読むのかわからない……。

失礼な人間この上ないですね。

Piotr Grudzinski

と言う名前らしいっす。

ポーランドのバンドなんですが……。



コメント


≪みんなの作者ニュース一覧

▲ページの先頭へ戻る