Kookcat先生の作品

ブラッディバース
Book
連載中
恋愛
2018/11/4更新
読者:46人
レビュー数:0
総合ランク:5948位
週間ランク:1953位
著:Kookcat先生

α=ヴァンパイア、Ω=最上の餌。
人を糧に生きるαに支配され家畜小屋にされた世界で、人々は餌として生かされていた。
彼らは人を喰う。
最初は餌として生きるなんて冗談じゃないと抵抗を試みた者もいたが、優等種であるαには誰も敵わなかった。
頭が良い者は早々にαに取り入り、他者を犠牲にする事で安全を手に入れた。
皺寄せを受けたのは最下層だった。
血を抜かれ日々の糧を得るため労働に励む日々に、心も体も擦り減る。
鬱憤が溜まった人々は、自らよりも貧弱で立場も弱い女子ども、そしてΩを虐げることで心の安寧をはかっていた。
最下層のΩにとっては、αもβも敵だった。その大半は採血のノルマと労働に衰弱死するか、βになぶり殺しにされるか、少数ながら存在するαの世界からあぶれ底辺に住処を持つαに見つかり喰い殺されたりする。
極稀に上級階級のαのお眼鏡にかない飼われる運命もあるが、それも生餌として側に置かれるだけ。
どちらにしてもΩに救いはない。

そんな最下層でΩとして生まれた少女は、いつか誰かに殺されるのだろうと覚悟していた。
けれど、偶然出会ったαに飼われることになった少女は、彼らが人を食すというのは、思っていたものとは少し違うことを知る。







※当作品はオメガバースを基にしています。けれど、設定は大きく異なります。
 オメガバース作品を期待している方は、期待には多分応えられませんのでご注意ください。
 コンセプトは健全な官能イノセントエロスです。行動的には全く性要素ゼロですが、吸血行為とかをねっとりと描写する箇所もありますので、免疫ない人はバック願います。


レビュー

レビュー一覧


作品のURL

作者作品

作品一覧

[友達に教える]

▲ページの先頭へ戻る