作品

プロフィール
A


 平坦な道を進みながら、そういえば昼食を摂らなかったなと思った。
 アプリの地図上には、近くに店などは表示されておらず、駅前にあったコンビニでおにぎりでも買えば良かったと後悔の念を抱く。
 しかし、空腹と早苗を秤にかけても、早苗の方を優先した。
 民家の並立する町並みは、駅を背に歩いて行くと、前方に緑樹の生い茂る山肌が見えてきていた。
 地図のカーソルも、山の麓から少し入ったところを指している。
 途上、急な坂に差し掛かった。
 小中高とこことは離れた場所に住んでいた駆だったが、この山に踏み入るのは初めてに近い。
 道は舗装されており、地図を見やると目的地まであと少しだった。
 十分くらいは登っていっただろうか。道の左側は歩道で、右側は木々の繁った崖だった。崖崩れ防止のコンクリートが嵌め込まれ、特に分かれ道などもなく、そのまま道を進んでいくと、高い木が目立ち始め、陰がかるようになった。
 スマートフォンを食い入るように見つめる。
 目的の場所まですでに目と鼻の先である。
 辺りを見回すと、右側に続いていた崖に、丸太で作った階段があるのを目にした。視線を下方へずらしていくと、表札とポストがあった。
 表札には檜山の文字が記されている。
 ――ここかあ。
 崖の下から見上げると、階段が上の方まで続き、家屋などの影かたちは見えなかった。
 崖の上方には樹木がうっそうと繁り、その隙間に少し青空が垣間見れるくらいである。
 ポストと表札の脇に小さな門がある。そこにインターフォンもあったので、駆は手をそっと伸ばした。
 ――先生いるかな……。
 一応、この日に来訪することは、メールで知らせていた。ラインでのやり取りではなく、メールという少々古くさいやり取りなのも、双方のIDを交換していないからである。
 もしいなかったら、諦めて帰ろう……。
 そう思うと、自然とインターフォンを押していた。
 数秒が経ち、インターフォンから聞こえてきたのは、はーい、という女性の張りのある声だった。
 一瞬だけ息を吸い、駆はこう声に出した。
「すみません。檜山早苗さんに高校の頃お世話になった、曽屋という者です。檜山先生はいますか?」

(11頁)
 ≪前 9  10  11  12  13 次≫ 
著:瓦 ヨシノス 先生

≪作品TOPへ

▲ページの先頭へ戻る