作品

ディアグラム(改)
第一話「勇者」
(71頁)
 その後数日で、捜索と調査を兼ねた部隊が編成され、森の調査が行われた。魔狼退治に先行したマニディールの人たちには少ない数の死傷者が出たが、村人への被害は最小限に抑えられた。全焼した村跡には、複数の魔狼の残骸が残っていたという。けれど正確な数が分からないと、更なる討伐隊が追加で組織されたというがそれは別のお話。
 どうして北の魔物が東の国で発生した原因はわからず仕舞いだったが、あの群れ以外に明らかな目撃情報がない為、突然変異か、誰かが面白半分で密輸したのではないかという説が有力なのではないかと結論付けられた。
 アールはそんなことを風の噂に聞きながら、怪我がある程度治るのを待ちながら『マニディール』の事情聴取を受けたのだった。











(71頁)
 ≪前 69  70  71  72  73 次≫ 
著:Kookcat 先生

≪作品TOPへ

▲ページの先頭へ戻る