深山葵先生の作品

きつねの嫁入り
Pickup
011
完結
恋愛
2017/9/13更新
読者:48人
レビュー数:0
総合ランク:4988位
週間ランク:22位
著:深山葵先生

風が止んだ。

突如として真っ青な空から
大粒の雨が降りだした。

気づけば山の上から
黒々とした雲が這い寄ってきている。

雲は夕焼けの赤を隠しながら
夜を連れてくる。

吹く風もないのに
気温が急激に下がったように感じた。

それは4月の終わりの
夕暮れ時のこと。

僕は彼女を裏切った。

そして
その罪に耐えかねて

僕の心は
彼女を忘れることを選んだ。


※この作品はアダルトな表現が含まれます。
小説を読む
本棚に入れる
[ 友達に教える ]
レビュー

レビュー一覧


作品のURL

作者作品

作品一覧

[友達に教える]

▲ページの先頭へ戻る