長門 羽黒先生の作品

マインドコントロール。〜一人の少年と一匹の妖精と幾万の少女たち〜
Pickup
005_blue
連載中
ラブコメ
2015/3/3更新
読者:10555人
レビュー数:0
総合ランク:836位
週間ランク:72位
ラブコメ:8位
作者のマイページへ
著:長門 羽黒先生

18禁なので注意。


表現:催眠/学園/恋愛/近親相姦/姉/集団恥辱/乱交/凌辱/孕ませなど。


ストーリー。


とある学園都市を舞台に繰り広げられるマインドコントロール。


ある日,一人の気弱な少年が一匹の妖精を助けたことが少年の日常を変えていく。


「あたしを助けてくれたお礼に一つだけ願いを叶えてあげる。一つだけぇ・・とか,セコっとか思わず感謝なさいよね!」


「えっと・・。それじゃあ・・,いつでもボクのお願いを叶えてください・・」


「・・あんたカワイイ顔に似合わずえげつない願い事言うじゃない・・」


「ダメですよね・・やっぱ・・」


「いいよ。べつに」


と,アッサリ妖精を使役できるようになった主人公の少年嘉(よし)は,最初に妖精アキに学年一つ上のやさしくない姉に,少しは相手にしてもらいたいという願いを告げた。


その願いは叶えられ,姉に構ってもらえるようになったが,過剰な愛情表現をする姉に逆レイプされてしまう。


望まずも実の姉と関係を持ってしまった嘉は,アキに薦められるがままにアキの力を使って日常を変えていく。


そんななか別の妖精使いの少女との出会いや,妖精の能力である催眠術を行使して学生達を乱交させる敵の少年の出現。


疑問は抱かず,言われたことに素直に応じ,快楽に打ち拉がれる少女たち。


教室で,校庭で,体育館で,プールで,中庭で,保健室で,部室で,更衣室で,電車で,人前で。


授業中・教科書を読みながら,運動中・体操をしながら,昼食中・友達とおしゃべりしながら,通学中・座席に座りながら。


少女たちが。


恥じらいと苦悶の表情を浮かべ。


喘ぐ。





マインドコントロール。〜一人の少年と一匹の妖精と幾万の少女たち〜


連載開始。



60章辺りで完結予定!。

ノーマルエンド完結!。

以降,メインヒロイン三人のトゥルーエンドを書く予定なのでもう少しお付き合いを。





※この作品はアダルトな表現が含まれます。
小説を読む
本棚に入れる
[ 友達に教える ]
レビュー

レビュー一覧


作品のURL

作者作品

作品一覧

[友達に教える]

▲ページの先頭へ戻る