優月 蘭先生の作品

雪色の陽(ひかり)
201209010255301346435730
完結
恋愛
2014/5/18更新
読者:7111人
レビュー数:2
総合ランク:749位
週間ランク:385位
恋愛:276位
作者のマイページへ
著:優月 蘭先生

僕(ジュン)は六年前の雪の降った冬のある日、恋人の佑奈をこの世界から失い、それ以来ずっと真っ白な空虚な世界を生きてきた。

大学卒業後二年が過ぎたある日、大学時代の同級生であり親友の倉田サトルから、身体を女に売るデートボーイの仕事に誘われる。

僕は、今までの自分を変えるため、その仕事をすることを決心する。

そこで会った女たちの性欲はすさまじく、僕の身体を激しく貪(むさぼ)る。

そんな中、大学時代のもう一人の親友の、相川夏見が海外青年協力隊員として派遣されていたアフリカから帰国する。

「生きること、人を愛することとは何か」がテーマの作品です。




※この作品はアダルトな表現が含まれます。
小説を読む
本棚に入れる
[ 友達に教える ]
レビュー
4/17
★★★★★
切ない
○ ○○
ネタバレ有
3人がこのレビューを参考にしました。
つづきを読む
1/29
★★★★★
最高!!
さいとう
3人がこのレビューを参考にしました。
つづきを読む

レビュー一覧


作品のURL

作者作品

作品一覧

[友達に教える]

▲ページの先頭へ戻る